バスルーム

ミューラグジャスでボディケアと言えばボディシャンプーとボディクリームですよね。

ボディシャンプーで一日の汚れをすっきり落として、ボディクリームで全身の保湿をおこなえば、芳醇な香りが身体から漂い自分自身の香りでリラックスできそうです。

ボディシャンプーを使ってみた

ボディシャンプーという言い方に違和感がありますよね。普通はボディソープっていうと思うのですがどうなんでしょう。

ボトルは四角いのでシャンプーと間違える心配はありません。もちろんミューラグジャスのシャンプーを使っている場合ですが。

ボディソープ

ボディシャンプーを手に取ってみると意外にも市販のボディーソープのような、ちょっとマーブルがかった白いテクスチャが出てきました。

面白いのが香りで、シャンプーと同じなので思わず笑ってしまいました。それくらい手に取っただけで香るのはうれしいですよね。

高いので2プッシュはしたくないですが、身体の大きさから考えるとやっぱり2プッシュくらいは使いますかね(汗)

泡立ちは申し分なく、香りもさらに広がるのでゴージャス感がありますよ。

泡立ち

今まではダブを使っていましたが、ダブも結構使い心地は良かったんですが、ミューラグジャスのボディシャンプーもなかなかいい感じでした。

お肌もスベスベしますし、ぴりぴり感もなく、さっぱりかつしっとりしますね。

お風呂からあがると身体から香りはほとんどしませんから、香りは洗う時だけリラックスできる程度に考えるのがいいのかもしれませんね。

ボディクリームを使ってみた

ミューラグジャスのボディケアで一番評判がいいのはボディクリームのようです。ボディシャンプーのように洗い流さないので香りが持続するのがいいんでしょうね。

クリーム

手に取るとトロッとしたテクスチャで、伸びが良さそうな感じのゲルです。

使い方は自由なんですが、保湿のやり方として有効だと思われるのはお風呂上がりの5分以内ということを聞いています。

だからお風呂からあがって、タオルである程度の水滴を拭き取って、若干水分が身体に残っている状態で、ボディクリームを全身マッサージするように塗ります。

気を付けたいのが室温で、身体が冷えてしまうと湯冷めしてしまいますから、脱衣所ではなくお風呂場でやるのがいいのかもしれません。

水分が肌に残っている状態だとさらにクリームの伸びが良くなるので、クリームが節約できそうです。

肝心の香りはフルーティーな香りから、バニラ系の大人の香りに変化していく感じがわかって面白いですし、香りが気に入ればリラックス効果も高いんじゃないでしょうか。

結局布団に入ってもこの香りは感じることができたので、かなりいい感じに眠りにつくことができました。

さすがに香水のように翌日までいい香りというわけにはいきませんでしたが、保湿とリラックス効果は抜群です。

ミューラグジャスのほかの評判を見る