成分

ミューラグジャスは髪や地肌に優しい素材で作られているのが特徴です。

実際に商品ごとにどんな成分が入っていて、どう優しいのかというのを検証してみます。

ミューラグジャスフレグランスシャンプー

ノンシリコン

シリコンというのは完全に人工的に作られた添加物のことで、キューティクルに付着してハリやコシ、ツヤを出す作用があります。

シリコンだけではただ髪の毛をコーティングするだけなので、髪を補修したり保湿することはできません。

ミューラグジャスはシリコンを使用せずに植物性エキスでツヤのある健康的で自然な髪質にしてくれるということです。

弱酸性

人間のカラダというのはほとんどの部位で弱酸性なので、それに合わせたシャンプーはいいと言われていますが、市販の安物のシャンプーなどは弱酸性を作る成分が合成界面活性剤なので、皮膚に刺激を与える恐れがあります。

弱酸性というだけではダメなのですが、ミューラグジャスのシャンプーはオーガニック成分や植物由来成分で弱酸性なので安心です。

石油系界面活性剤フリー&ラウレス硫酸Naフリー

石油系合成界面活性剤の一つで、洗浄力は強いもののアレルギーや湿疹等の皮膚刺激を起こす人もいるという成分です。この成分は市販の安価なシャンプーなどに入っていますが、洗浄力が強すぎて必要な皮脂まで取ってしまいます。

それが乾燥や髪の毛のきしみを引き起こすことになるので注意が必要です。ミューラグジャスは洗浄力はほどほどのアミノ酸系洗浄成分なので髪や頭皮に優しいのです。

パラベンフリー

パラベンフリーがいいとよく言われますが、パラベンというのは総称で、細かく言えばメチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、イソプロピルパラベン、ブチルパラベンとたくさんあります。

防腐剤としての効果があるのですが、多少の皮膚刺激が懸念されるためにないほうがいいという考え方があります。ただ防腐剤が入っていないと浮遊菌が化粧品などに入って汚染される場合があるので、その辺をどう考えるかですね。

アルガンオイル

アルガンオイルは抗酸化力、活性酸素を除去する作用が認められています。そして髪にいい作用としては保湿の効果もあります。

ダマスクローズエキス

ダマスクローズはバラの品種の一つで香りがとてもいいことでよく使われています。濃厚な香りは癒しの効果もあるとされていて、女性に嬉しい美容成分も含まれています。

カモミールエキス

カモミールのハーブティなどでリラックスをしたことがある人はわかると思いますが、カモミールにはリラックス効果があります。さらに保湿成分もあるので髪の潤いを保つのにもいいということです。


※上記のほかにもオーガニック成分や植物性エキスは配合されています。代表的なものだけ取り上げています。


ミューラグジャス商品の評判をチェックしてみる